先人

NHKの番組「歴史ヒストリア」では昨日、
正岡子規をとりあげていました。
日曜に「坂の上の雲」をやったばかりで
NHKよ、これは絶対狙いすぎだろう、と思いましたが
まんまと策略にはまり、みてしまいました。
結果、涙なしではみられんかった…。

ちょっと辞世の句なんかに興味を持ったのでネットでしらべてみましたが、
実にいろんな人が詠んでいて、しかも各人のキャラクターが
出ていて面白いです。(と言ったら不謹慎かな?)

私が気に入った?のは葛飾北斎の辞世の句
「魂で 行く気散(きさん)じや 夏野原」
です。
「魂になって夏の野っ原に散歩にでも行こうかね」
みたいな意味ですね。なんか軽やかで好きです。
まぁ…90才くらいまで生きてた方なので、こんな句もありなのかなぁ。
でも確か120才までの人生計画を立てていたジイさんだったような…。

ちなみに、葛飾北斎の絵手本か何かに書いてあった
「こころのままにかきとるべし」
という言葉がとても好きです。
絵がへた、とかうまい、とか気にしないで
心のままにかくのが良いということですね。

raku52.gif

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

森ノア

Author:森ノア
趣味でウェブまんが
宝箱の迷宮をかいてます。

さらっと読めて、ちょっとだけ
何かが心に残るような
そんな話が
描けたらなぁと思います。

なにかありましたらどうぞ
メールフォーム

カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる